ウルスぺル城

18世紀に建てられた比較的新しいお城。現在ホテルになっています。
ブヴィエ家という名門の城だったのが、第二次大戦下でナチス・ドイツに接収されて軍本部に使われ、バルジ戦以降彼らが撤退してからは2005年にホテルがオープンするまで時折狩猟に使われるだけだったようです。
お城ホテルというとゴージャス、お値段もゴージャスなのではと恐れをなしてしまいますが、ここは1泊100ユーロ前後からとかなりリーズナブル。その代わりとても行きにくいうえ、周囲には本当に何もありません。4キロほど離れたルクセンブルク北部随一の観光地クレルヴォーからのバスは1日4本、日曜運休。

dav

ただこんな風に見わたすかぎりずーっと森と草原が広がるウルスペルの村はほんとうに美しい。これがルクセンブルク、ヨーロッパの田舎なんだと実感します。

ホテルの公式サイト(日本語)。ただし予約ページは英語になります。

dav

ゲートをくぐったところ、右側入り口がホテルのフロント。左側がレストラン棟。

なぜかフロントにいたペッパーくんと、村で唯一のめぼしい建物である教会。

mde

城のセラーを改造した地下のバーには、11世紀から使われてたという井戸がそのまま残っています。

時間に余裕があったら上記ホテル公式サイトのEat, Stay&Loveというパッケージもぜひ一度試してみたい。朝・夕食付きツイン2泊でひとり250ユーロ前後。ブッフェ形式の朝食、コースの夕食ともに地元食材を使ってなかなか美味しかったので、何もない田舎でただのんびり、でも贅沢に週末を過ごしたいときなどこのパッケージかなり使えるのでは。


行き方

ルクセンブルク中央駅からLine 10の電車で約1時間 → クレルヴォー駅下車
645番のバスで鉄道駅の次のバス停Urspelt Schlassで下車、徒歩1分。
*曜日にもよりますが、中央駅からクレルヴォーまでの電車は1時間に1〜2本程度出ています。
クレルヴォー駅からのバスの最新の時刻表はこちらで確認してください。

 


ウルスぺル城” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。